• さどもくの家をつくる会とは?

    佐渡の豊かな森の木を使って家を建ててみませんか?
    その土地の気候にあった家を建てる・・・。
    原点にかえってみませんか?
    いくら地域に木材があっても使われなければ山林は荒れ
    山が本来持っている活力が失われてしまいます。
    地域の木材を広く消費者の方々に使って頂く事によって
    地域の経済
    林業の活性化
    森林の再生
    につながります。私たちは
    木ずなプロジェクトを推進している会です。

    問い合わせはこちらから

  • さどもくの家をつくる会とは?


    佐渡島内にある素材生産業、森林組合、製材業工務店等の佐渡産材にかかわる者で運営しています。佐渡産材を積極的に活用し、佐渡の気候風土に合った住宅を提案するとともに佐渡産材の流通を促進させ、木に携わる業界全体の活性化を図っていきたいと思います。


    なぜ地元の木を使わなくてはいけないの?

    昔の人はその森の恵みに感謝し次の世代へ残し伝えるために再び木を植えて育てる循環の輪を維持してきました。

    しかし、近年地元の材を使わなくなってきたため山の手入れが行き届かなくなり循環の輪が断ち切られようとしています。佐渡で育った木を適切に使う事は昔の人が作り上げた循環の輪を次の世代へつなげるという事なのです。

  • 元気な森のしくみ

    森林は沢山の木や下草の根がしっかりと土をかかえてくれています。
    草や落ち葉が土を覆っている事により雨水によって直接削られたりしないため災害に強いのです。
    しかし、しっかり間伐されていない真っ暗な森林は土を覆う下草が育たないため大雨で土砂が流れたり折れたり倒れたりした木が流されたりして危険です!
    ただ木が生えているだけではダメ
    しっかり手入れをしてこそ森の能力を発揮するのです。

    主な森の手入れ

    下草刈り
    苗木の成長のために雑草や低木などを刈りはらう作業
    枝打ち
    木の成長と節のない良材をつくるために下枝を切りとる作業
    間伐
    木のこみ具合に応じて木を間引く作業

  • 森を育てる家づくり「さどもくの家」ネットワーク

    工務店 森林組合 素材生産業 製材業

    小木工務店0259-86-3450佐渡市琴浦50-1
    小林建築事務所0259-51-2200佐渡市新町132-3
    辻工務所0259-27-2863佐渡市加茂歌代310-1
    佐渡森林組合0259-63-4164佐渡市千種247-1
    新穂森林組合0259-22-2027佐渡市新穂瓜生屋666-2
    南佐渡森林組合0259-88-2017佐渡市羽茂本郷1921-1
    両津東部森林組合0259-27-7156佐渡市下久知572-13
    駒形木材0259-57-2412佐渡市石田833-1
    野本材木店0259-27-2912佐渡市両津夷98-30
    イワイ工務店 *兼工務店0259-76-2646佐渡市稲鯨1341-1
    笠井木材店 *兼工務店0259-63-2345佐渡市千種1156-1
    志和木材 *兼工務店0259-55-2600佐渡市吉岡233-1

    おうちの建築を行います。 加盟業者
    造林・育林・素材生産・製材を行います。 加盟業者
    素材生産・木材販売を行います。 加盟業者
    製材・木材製品の加工を行います。 加盟業者


    <団体会員>
    佐渡建築組合
    佐渡木材協会
    佐渡木材工業協同組合
    佐渡地区森林組合連絡協議会

    <特別会員>
    佐渡流域森林・林業活性化センター

  • さどもくバスツアー開催

    さどもくの家をつくる会が活動し始めた当初より、年1回消費者に佐渡の木材に ついて知ってもらうべくバスツアーを行っています。今年は11月7日に行われ、 60名の方が参加されました。中には毎年参加しているという方もいました(^-^)
    バス2台で二手に分かれ県のふるさと越後の家づくり事業や佐渡市の佐渡産材利用住宅建築奨励事業を利用し建てられたお家2件を見学
    匠による伝統技術
    地震に強い堅牢な骨組み

    昼食はにいぼ元気館で。その後、乾燥材やグリーン材を使い含水率の検査の実演をしました。
    午後は長岡造形大学の後藤哲男教授の講演「トキの住む島の建築」を聞きました。
    次回のバスツアーは未定です。 詳しくは事務局までお問い合わせください。 午後は長岡造形大学の後藤哲男教授の講演「トキの住む島の建築」を聞きました。 昼食はにいぼ元気館で。その後、乾燥材やグリーン材を使い含水率の検査の実演をしました。 匠による伝統技術 地震に強い堅牢な骨組み バス2台で二手に分かれ県のふるさと越後の家づくり事業や佐渡市の佐渡産材利用住宅建築奨励事業を利用し建てられたお家2件を見学 当日はとってもいいお天気紅葉が見ごろの白雲台へ行き佐渡産材で作られたログハウス風施設を見学 さどもくの家をつくる会が活動し始めた当初より、年1回消費者に佐渡の木材に ついて知ってもらうべくバスツアーを行っています。今年は11月7日に行われ、 60名の方が参加されました。中には毎年参加しているという方もいました(^-^) 佐渡の木のぬくもり体験・見学バスツアー開催しましたそして最後にお楽しみ抽選会 今年はマルック制作のテーブル・ベンチ・木製プランターなどが参加者に当たりました(^o^)丿 参加者全員に佐渡の木で作ったボールペンをプレゼント

Copyright 2014 佐渡木材工業協同組合 〒952-0216 新潟県佐渡市八幡305-4 TEL 0259-57-2414 / FAX 0259-57-2422